ブログ

New修学旅行第2班 2日目

修学旅行第2班、2日目。

 

夜明け前に激しい雨が降りました。強く打ちつける雨音に、目を覚ましてしまった生徒もいたようです。彼らの中には、不安を抱えた生徒も少なくなかったはず。テントは大丈夫かな、浸水してこないかな、そしてなにより、今日はちゃんと海に潜れるのかな。

しかし午後になると天気は回復し、どんよりとした雲の切れ間から青空が見られるほどになりました。

 

そして始まるマリン体験。

2C96A376-9332-4494-B7E0-5836F00E4BBE

ダイビング、シュノーケリングでは、それぞれインストラクターの指示に従って体験をしていきます。初めて着るウェットスーツに困惑したり、酸素ボンベの重さに驚いたり、海の底を泳ぐことに恐怖を感じたり、かなりスリリングな時間になったのではないかと思います。しかし生徒たちの心になにより強く残ったのは、きっと海の、自然の美しさへの感動でしょう。サンゴ、クマノミ、写真や映像で何度となく見て来たこの世のものとは思えない美しい景色が、目の前に広がっているのです。

世界でも有数のダイビングスポットで体験したことは、きっと生徒たちにとってかけがえのない思い出になるはずです。

060092AC-BDEA-474D-82AB-75CF2A3E30F9

ビーチコーミングでは、島を一周しました。背の高い植物に挟まれた道無き道を進んでいきます。やがてたどり着いた島の頂上からは、周辺の島々を一望することができました。さらに進んでいくと砂浜へ到着。サンゴやシーグラス、星の砂などを拾い集めながら進みました。しかし道中目に付いたのは、海から漂着したゴミ。それらは海外で捨てられたものが波に乗ってここまでたどり着いたものとのこと。

ガイドさんは言っていました。「自分には関係ない、自分のせいじゃないと思っていてはダメだ。こうして海外のゴミが日本まで届いているように、私たちが捨てたゴミも海を渡って美しい自然を汚している。やがて巡り巡って、人間はその行為の報いを受ける。だから一人ひとりが意識を高めて、この自然を守ろう、保とうと思うことが大事なのだ」と。

なんとなくわかっていたはずの「自然を大切にしなければいけない」という言葉も、実際に汚された自然を目にすることで、そしてそれを本気で悲しむ人の話を聞くことで、より深い実感として生徒の心に響いたのではないでしょうか。

D38E8A10-AD07-4D76-95E3-C5D4027E9D9D

明日は西表島へ。4つの班に分かれて、それぞれ希望したアクティビティに参加していきます。明日も素敵な日になることを祈って。

 

New修学旅行1班(3日目)

 

修学旅行3日目、本日は石垣島から西表島へ移動。

観光、カヌー、トレッキングの3コースに分かれてアクティビティー体験をします。
観光コース、トレッキングコースは水牛車に乗って由布島に向かいます。
ガイドの方の三線を聴きながら水牛に揺られて、ゆったりとしたひと時を過ごしました。
image
image
午後はカヌーでピナイサーラの滝へ。
滝壺で泳ぐ生徒もいました。
 image
 image
今夜は西表島のホテルに宿泊。沖縄で過ごす最後の夜。美味しい料理に舌鼓をうち、ゆっくり疲れを癒しましょう。
image

New修学旅行第2班 1日目

修学旅行第2班、本日よりスタートです。

ここのところ凍てつく寒さが続いている関東の朝。生徒は皆コートに身を包み、マフラーに顔を埋めて、羽田空港に集合しました。しかし寒さなどなんのその。楽しい旅を目前にした彼らの瞳は熱っぽく輝いていました。

 

11:20、石垣空港行きの飛行機がフライトを開始。飛行機に乗るのが初めてだった生徒も多く、離陸の瞬間、機内は驚きと感動の声で溢れました。「はじめて」のドキドキは旅の醍醐味です。

遥か上空を目指す間に、彼方から富士山が姿を現し、やがて雲の下へ沈んで行きました。見慣れた土地を離れ、いよいよ旅のスタートです。

 

 

フライトは順調に進み、定刻通り石垣空港に到着。その後、カヤマ島班と民泊班に分かれて移動となります。

民泊班はここからそれぞれの家庭で様々の体験をしていきます。

 

カヤマ島班はバスで石垣港へと向かいます。地元の高校や特産の牛、見慣れない建物や名前も知らない植物、石垣の文化の一端に触れながらの道のりです。

石垣港からは船に乗り換え、ついにカヤマ島へ。ここから一泊二日の無人島体験が始まります。

51C2714F-566A-4CEB-ADF9-F6590DB60F00

無人島1日目、今日はなんといってもBBQ。長い移動で疲れた体に、美味しいご飯はしみますね。お肉も野菜もマシュマロも、美味しくいただきました。

 

明日はいよいよマリン体験。きっと楽しい一日に。

 

New修学旅行1班(2日目)

修学旅行1班(2日目)

テントでの一夜は如何だったでしょう。
今日はダイビング・シュノーケリングとビーチコーミング。
晴れ間が見えてダイビング日和ですね。
image
初めはウエットスーツと足ヒレをつけて陸上で練習。慣れてきてから海に出ます。
カヤマ島とお別れです。お世話になったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
image
今夜は石垣島のホテルで宿泊。ベッドとお風呂が恋しいですね。

New修学旅行1班(1日目)

12月11日(月)、修学旅行1班の出発です。

今日から3泊4日の修学旅行が始まります。
 image
羽田空港
カヤマ島に上陸。今夜はここにテントを張ります。
日が暮れないうちに作業に取り掛かりましょう。
 imageimage
上手に張れましたね。
image
image
夕飯はバーベキューです。仲間と一緒の食事は楽しいですね。
明日のマリン体験に備えて英気を養いましょう。

 

デフリンピック日本代表 平岡早百合さん文部科学大臣表賞!!

トルコで開かれた聴覚障がい者のスポーツの祭典「夏季デフリンピック」で、

金メダルを獲得した女子バレーボール日本代表で正智深谷高3年の平岡早百合さんが日本代表メンバー(12名)とともに

文部科学大臣賞を受賞しました!!

12月5日、皇居にて天皇皇后両陛下より夏期デフリンピックサムスン2017での優勝メンバーとしてお言葉を頂くことが出来ました。

平岡さんは、皇居で天皇皇后両陛下よりお言葉を頂けたことを特に感動しているようで、

「一般の方々が入ることが出来ない場所にて、天皇皇后両陛下にお会いしたときは、緊張で声も出なかった。

優勝しなければこのような経験は決してできないので、また、4年後代表メンバーに選考され、優勝に貢献していきたい!」

とのことです!!

正智深谷高校の生徒として誇りに思います!!

本当におめでとうございます!!

IMG_0735

GREEN FLAG(12月新作情報)

学内にある窯で焼く

焼き立ての美味しいパンと大好評の

「 GREEN FLAG 」

正智生の憩いの空間です。

IMG_8989

( ↑ クリックすると拡大します )

IMG_8976

毎日、焼き立てで美味しいパンが豊富にあります。

 

大人気のパンもそうですが、

GREEN FLAGにはその他にも、

IMG_8977

正智生に定番人気の唐揚棒

IMG_8978

低価格で美味しいと人気のハッシュドポテト

などもあります。

 

 

今月は12月…

GREEN FLAG  今月のフェアはもちろん

「 クリスマスフェア 」

IMG_8972

IMG_8974

 

クリスマスにぴったりの

お洒落で可愛らしい

5種類の新作パンが登場です。

IMG_9002

( ↑ クリックすると拡大します )

 

今回も正智生に紹介してもらいましょう。

IMG_9018

 

 

【 新作パン情報 】

 

♪ ヘーゼル&モカワッサン ♪

ヘーゼル

( ↑ クリックすると拡大します )

ヘーゼル 武田さん武田有生(北本東中)

チョコチップとコーヒー生地、

そしてカフェモカクリームが

絶妙なバランスです。

 

♪ ダブルベリーホワイトリング ♪

ダブル

( ↑ クリックすると拡大します )

ダブル 酒巻さん酒巻千春(中条中)

リースのようなこの形、可愛いです。

ふわっとした食感がたまりません。

 

♪ チョコ&シナモン ♪

チョコ

( ↑ クリックすると拡大します )

チョコ 梅沢さん梅沢里桜(児玉中)

シナモンミルクと大きなチョコダイス

が中に入っていてとても美味しいです。

 

♪ 照り焼きチキンパン ♪

照り焼き

( ↑ クリックすると拡大します )

照 鳥羽さん鳥羽亜弥香(大麻生中) 

高校生には大人気の

照り焼きチキンとマヨネーズ

を包んだ美味しいパンです。

 

♪ アラビアータパン ♪

アラビ

( ↑ クリックすると拡大します )

アラビ 高橋さん髙橋尚子(川本中)

コーン、ウィンナー入りの

アラビアータフィリングを包んだ

ピリッとアクセントのある美味しいパンです。

 

 

どのパンもとても美味しそうです。

この頃、とても寒くなってきましたが、

正智生、クリスマスフェアのパンを食べて

心を温めましょう。

 

本校フットサル部2年横尾海(よこおかい)君、スペイン遠征メンバーに選出される

 

 

本校フットサル部2年横尾海(よこおかい)君、スペイン遠征メンバーに選出される

 

本校フットサル部は8月15日(火)味の素スタジアム(東京都調布市)で行われた「夏高フットサル大会」に出場しました。チームは惜しくも決勝リーグには進出できませんでしたが、全参加チーム対象にパフォーマンスを評価された選手が選抜されました。

大会後の選抜メンバーに対する練習会において、一般社団法人国際サッカー強化トレーニング協会(FIT)トレセンコーチ陣よるさらなる選考が行われ、最終的に「スペイン遠征」最終メンバーに、本校フットサル部2年生横尾海(よこおかい)君が選ばれました。12月23日(祝)~29日(水)の4泊7日間、スペインのムルシアに赴き、国際大会『Murcia Futsal Cup U-17』大会に参加します。スペインリーグ1部・2部のクラブカンテラが集うリーグ戦に臨みます。

11月22日(水)加藤校長先生に報告を行いました。「本場外国人チームと競技するのみではなく、異文化体験など貴重な体験もし、今後の高校生活にぜひ生かしてほしい」と激励の言葉をいただきました。

横尾君、チームメートの代表として頑張ってきてください!

図4

図1

図2

POCARISWEAT エールキャラバン

POCARISWEAT  エールキャラバン

DSC_7364

バスケットのトップリーグで新人王に選ばれ、日本代表としても活躍した渡辺拓馬選手の公演が11月15日(水)に行われました。

渡辺さんは伸長190センチ、足の大きさが32センチもあるそうです!

本日は、進行の方との対談方式で、正智生へ向けた話を行って頂きました。

渡辺選手は福島の生まれで福島県立福島工業高等学校を卒業されています。

バスケットを始めたきっかけは、両親がバスケットのコーチをしており、気づいた時にはバスケットをしていたそうです。夜、ご飯を食べながらその日のプレーを父親に怒られていたとか・・

 

~以降、渡辺選手の公演の様子~

DSC_7371

中学校入学時には153センチだった伸長は、卒業時には180センチになっており、卒業までに30センチも伸長が伸びた。高校時代は、とにかくバスケットがうまくなりたかった。うまくなりたい一心。

高校での練習は15:30~19:00まで練習があり、その後、渡辺選手は夜10:00までシュート練習。渡辺選手が高校1年の時、最初渡辺選手1人しか自主練をしていなかったが、渡辺選手が3年生の時には皆練習していた。上級生には負けたくない!うまくなりたい!という気持ち。上級生には生意気な口をきいていたと思う。だが、先輩は「チームで一番練習していた」と認めていたと思う。

家まで10キロ、家に帰るのは11時であった。

どんどん目標を達成していって、目標が変わっていった。一つ一つ目標が上がっていった。

大学1部リーグで、バスケットをしたかった。高校時代、大学の監督が声をかけてくれた。

大学4年連続で得点王。今でもその記録は破られていない。

 

チームが優勝しないと意味がない。

大学でもシューティング練習は、毎日200~300本練習していた。

どんなスポーツでも習慣が大切だと思う。

日本代表にも選ばれた。世界との違いはフィジカルからメンタルまで全て違った。

周りからみると(渡辺選手は)成功しているように見られるが、常に成功しているわけではない。シューティング一本一本が全て同じではない。どのように練習するか、今まで出来なかったことは練習すればうまくなれると思っていた。やらなければ何も変わらない。

プロでは、本当に上手い選手(バスケットが)ばかりだった。チームプレーの大切さをより一層感じた。皆エリートであり、渡辺選手より上手い選手はたくさんいた。まずはヘッドコーチが目指すものを目指した。自分に苦手意識をもたない。自分はできると、自分で「なんでも出来る」と思ってやっていたことが、今では良かったと思う。

 

~三年生へ~

自分は高校3年の時には既に進路が決まっていた。3年末(高校生の)は全部バスケットしかしていない。3年生に言いたいことは、「自分の良さを理解することが大切」自分を知り、自分の良さを生かすこと。

 

~正智深谷の生徒へ~

エールの言葉「犠牲」

自己犠牲。自分が目立ちたいという気持ちだと、チームが勝てない。スポーツや私生活で大切な考え方である。誰かが犠牲になってくれることもあり、自分が犠牲になっていることもある。味方の為にプレーすると自分にもチャンスが回ってくる。

「思いやり」という言葉でもあると思う。

 

DSC_7366

~以上渡辺選手の公演内容~

 

渡辺選手より大変貴重なお話を頂きました。バスケットをしている生徒だけでなく、多くの生徒にとって非常に価値のある公演であったと思います。正智生にはこのような貴重な経験を是非積み上げていってほしいです!

ガンバレ正智生!

薬物乱用防止講演

11月29日、薬物乱用防止講演が行われました。

DSC_7435

薬物の使用は、人生を狂わせます。今ある生活、大切な友人や家族、叶えたかった夢。これまで積み上げてきたものも、これから手に入れるはずのものも全てを台無しにしてしまいます。しかし、それだけではありません。愛する人の生活を壊してしまうことすらあるのです。

自分には関係のない話だ、自分だけは大丈夫だ、そう思う人も多いかもしれません。しかし危険は、身近なところに潜んでいるのです。きっかけはほんの些細なことなのかもしれません。好きな人にフラれた。友人と上手くいっていない。受験に失敗した。いろいろなことが思う通りにいかないときに、「これさえあれば気分が楽になる」、そんな甘い言葉をかけられたらどうでしょうか?「一回だけなら」と薬物に手を出してしまうことが、実際にはよくあります。そして薬物なしではいられなくなる。安易な気持ちから、人生が大きく狂ってしまうのです。

だからこそ、薬物に関する正しい知識を持ち、絶対にNOと言える態度を身につけることが大切です。一人ひとりが大切な存在だから、その「大切さ」を守るために意識を高めていかなければなりません。この講演が、そのきっかけとなればと思います。

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31