ブログ

沖縄修学旅行 12月班 無事修了

23.12.20

12月12日月曜日,関東は冬ばれの清々しい天気。朝日と富士山が印象的な朝,羽田空港太陽の塔には朝7時前から生徒達が集まる。予定の集合時刻は8時45分。それまで,空港内を散策するもの,朝食をとるもの,友人を待つものと様々。そして予定の5分から10分前には全員が整列完了していた。

幸先の良いスタートだった。そこからセキュリティチェックを抜け,13番ゲートより飛行機へ。飛行機が動き出し,離陸のための加速を始めるとどよめきが起り,それは離陸の瞬間には歓声に変わっていた。富士山を上から眺めながら,進路は南南西へ。沖縄本土が近づくにつれ雲が多くなり,ゆれも激しくなる。離陸のときとは違ったどよめき,ざわめきはあるものの無事那覇空港に到着した。飛行機から一歩足を踏み出すと,暖かで関東とはまた違った空気の香りを感じる。「めんそーれ」の横断幕をみて沖縄に着いたことを実感する……ここから始まった修学旅行もあっという間の4泊5日でした。

 

234名がそれぞれの体験,想いを胸に修学旅行を終えたのではないでしょうか。私の耳には今でも「ユイマール」のメロディが響いています。自分たちの住む島,言葉,文化すべてに誇りを持ち,どんな苦難も明るく乗り越え,平和を愛する心,思いやりの心,命を大切にする心「命ぬ宝」を持つ「ウチナーンチュ」が忘れられません。みなさんの心に残った「沖縄」が色あせてしまう前に,言葉や写真や絵などで残しませんか?貴重な思い出を是非,形として残しましょう!(2学年通信より)

あなたの感想をお聞かせください
いいね! (0)