ブログ

卒業おめでとう

 本日、第59回卒業証書授与式が行われました。3年生の皆さん、卒業おめでとうございます。3年間の高校生活を終え、いよいよ夢への第一歩がスタートします。それぞれ進路は違えど、自らが選んだ道を前を向いて進んでいって欲しいと思います。合格発表や入試を控えている生徒も数多くいますが、今日の日が高校生活の一つの区切りとなります。卒業の日を迎える皆さんに3つの言葉を贈りたいと思います。

 一つ目は「変わることを恐れるな」ということです。時代の変化の波は激しく、正しい答えが中々見つからない時代になっています。1020年後には今ある仕事の47%は自動化される、今の小学生の65%は今は存在しない職業に就く…など、先の見えない話題ばかりが耳に入ってきます。しかし、自動化されたり、無くなる職業がある反面、これから生まれてくる職業も沢山あるはずです。また、人工知能(AI)がどんなに発達してもAIは情報を処理することしかできません。時代の変化を恐れずに、その時代に合わせて自らを変える勇気を持って欲しいのです。進化論を唱えたダーウィンはこのように言っています。「最も強いものや最も知的なものが生き残るわけではない。最も変化に対応できるものが生き残る」。時代の変化を恐れずに柔軟に変化に対応していける人間になって欲しいと思います。

 二つ目は「自分の人生を歩め」ということです。言い換えれば「人と比べる生き方をするな」ということです。社会に出ると様々な場面で人と比べる、比べられることが多くなります。人よりよい大学に行く、人よりよい給料をもらう、人より先に出世する、結婚する、子供が生まれる…。また、ツイッターやLINEをはじめとするSNSで自分について、あることやないことを書かれたりすることもあるでしょう。そんなときに自分以外の誰かを基準にしたり、誰かの顔色を気にしたりする生き方をしないで欲しいということです。それはまるで「他人の人生を歩む」ことと同じだからです。本当の意味で自分の足でしっかりと立ち、自分自身の人生を自信を持って歩んでください。

 そして、最後に「朝の来ない夜は無い」ということです。どんなに暗く長い夜でも、必ず朝が来ます。これから先の人生において、間違いなくつらいことや上手くいかないことに出くわすでしょう。仕事や人間関係などで苦しむこともあるでしょう。しかし、必ず朝は来るのです。どんなにつらいことが続いても、必ず解決につながる日が来るのです。そのことを忘れずに前を向いてしっかり自分の足で歩いていって欲しいのです。先が見えない苦しさから、生命を粗末にするようなことは絶対にしないで下さい。そんな時には、学校に帰って来てください。皆さんの母校正智深谷高校は、どんなときでも皆さんが帰ってくるのを待っています。私たち教師は、皆さんの夢を食べて生きていくことができます。皆さんの可能性を語りながらお酒が飲めるのです。皆さんの頑張る姿に勇気をもらうのです。そして、皆さんの存在が私たちの財産なのです。つらいことがあったときはいつでも待っています。負けるな!くじけるな!大丈夫!待っています!

皆さんの人生に幸多からんことを祈っています。卒業おめでとう。そして、ありがとう。

この記事を読んだあなたの感想をお聞かせください。
いいね! (11)
2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031