ブログ

時代の流れを読む①

4月17日(火)

毎週火曜日は所属する深谷ロータリークラブの例会が開催される日です。

仕事の関係上、毎回出席することは難しいのですが、地元の経営者の方との貴重な情報交換の場として、また社会人の先輩方から多くのことを学べる勉強の場として出席させていただいています。

今日の例会では、深谷自動車教習所を経営されている田中副会長のお話がとても刺激になりました。

少子化の影響は18歳人口の減少につながることから、ここ数年、多くの自動車教習所で経営が厳しくなっているとのお話でした。

私立高校にとっては、少子化傾向は市場の縮小という意味で生徒募集に大きく影響するところですが、自動車教習所にまでその影響が出ているとは全く想像できませんでした。

そうした向かい風に立ち向かうために、指導員のサービス向上を目的に「笑顔検定=スマイル検定」の全員取得を進めているというお話がありました。

教習生に少しでも気持ちよく教習を受けていただくために、指導員やスタッフの笑顔が大切であるという視点は、大変参考になりました。

私が免許を取った頃は、自動車教習所の教官はとても厳しいというイメージでしたが、それでは教習生が集まらないとのことでした。

一見すると直接関連が無さそうなところに、ビジネスチャンスを見いだす視点にとても興味を持ちました。

私立高校にも大いに参考になるお話でした。続きはまた後日に。

 

 

あなたの感想をお聞かせください
いいね! (7)