ブログ

増上寺研修(3学年)

IMG_0499

4月23日(月)~25日(水)に3班編成で3年生の宗教教育のしめくくりとし、浄土宗大本山増上寺において研修をしてきました。さすが3年生と思える厳粛で自らと向き合うことの出来る大切な時間を過ごすことができた様子でした。

IMG_0200IMG_0517

午前中は、布教師による法話・道場での別時念仏会、午後は献灯式が行われ道場長から法話を頂きました。

法話では、仏教(浄土宗)の宗歌の歌詞をもとに、穏やかに温かく法話を頂いた中にこのようなお話がありました。「世の中にはたくさんの喜び・楽しみ・苦しみ・悲しみ・・・があります。時に、自分でどう努力しても、どうやってもできないことがある。そんなときは、自分を卑下したり、責めたりすることなく、「明らめる(あきらめる)」のです。そこまでの自分自身を認めれば、しぜんと自分も周りもなるようになるのです」と。「あきらめる」と音声で聞いた時には「諦める」と一見解釈しがちですが、「明らめる」だったのです。心がハッとさせられました。これからの頑張りに繋がるありがたいお話でした。

IMG_0219

また、献灯式では、仏教の教えは、「天の上にも下にも一人ひとりのいのちは尊いものである」ということ。2600年前のお釈迦様の誕生から基本的人権の尊重の大切さを伝えてきたのである。人のいのちは、宇宙のリズムによって生かされている。人の呼吸は波のリズムと同じ、波は月・太陽・その他多くが関係している。また酸素は植物によってもたらされ、人間は呼吸が出来る。自分自身には父と母がいて、その父母にはまた父と母がいて・・・いのちをつないできている。我々はここに生かされているのです。

一人ひとりのちがう個性をお互いに認めあい、人格を尊重しあうことがとても大切です。自分本位な言動によっておこすような寂しい人間愚かさを率直に見つめ、法然上人のお念仏の心を生かし、「明るく正しく仲良く生きていく」ことを誓いながら、目標とする進路実現を目指し大変有意義な研修となりました。

IMG_0245IMG_0496

あなたの感想をお聞かせください
いいね! (13)
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930