ブログ

キックオフキャンプ2日目

キックオフキャンプ2日目。

Aグループは宗教研修とチームビルディング、Bグループは宗教研修、SDGsとICT、グローバルビジョンセミナーを受講しました。

宗教研修では法然上人の教えを学びました。

5081F350-0E57-4A1C-95E5-4632AEC2770D23AB6B6F-F2CF-4CA9-96B4-BF8470882EFA

チームビルディングでは、クラスをまたいだ班を作り、全員が協力して問題に取り組みました。

F4744579-DFF7-4B15-AD16-F9CAA917DA57C1448298-3EB6-4B76-8E3A-4EEBBBFD2B0D

楽しそうですね。

明日は最終日。たくさんのことを学んでいこう!

58916EF4-D7FF-483A-97E1-B3D4FA4E70DB

キックオフキャンプ日記②

2019年04月18日(木)

キックオフキャンプも2日目。今朝も元気にバイキングの朝食をみんなモリモリ食べています。クラスの親睦も深まり、あちこちでおしゃべりの輪が広がっています。主たる行動はクラスを中心に動いていますが、各プログラムの際にはクラスを解体した新しいグループを作り、レッスンが行われます。その都度お互いを知りあう活動が必要になり、その結果、コミュニケーション力が自然と身についていく試みが行われています。今日はその中でも最もコミュニケーション力が必要となる「チームビルディングプログラム」が行われました。6~7名が1グループになり、与えられた質問に答えていき、獲得した点数を競うというものです。質問の例は次のようなものです。「Q.これは何を表しているのでしょうか?」

IMG_0468

これらの質問に正解すると、パスコード(番号)が手に入り、そのパスコードで得点カードの入ったボックスを開錠することができるというシステムです。
各チームとも身体と頭をフル稼働させて、歩き回っていました。「問題を解く」という一つのミッションに全員が一致団結して取り組むことにより、コミュニケーションは深まり、正に一つの「チーム」となっていきました。時間制限の90分を目いっぱいに使い、ゴールの駆け込んでくるときにはどのチームにも笑顔が溢れていました。直接的なコミュニケーションが希薄化し、閉じられたグループ内でのみの交流が中心になってきている現代の社会においては、こうしたリアルなコミュニケーションの機会が限られていますが、今回の経験は生徒たちにとってはとても貴重な機会になっていることでしょう。学校に戻ってから、この体験の真価が問われてきます。生徒たちの変化を楽しみに待ちたいと思います。

IMG_0439

IMG_0384

IMG_0410

 

 

 

 

 

 

 

2学年 GVS(グローバル・ビジョン・セミナー)

1年生がキックオフキャンプに参加している間、2年生はGVS(グローバル・ビジョン・セミナー)とSDGs研修を実施しています。

GVSはグローバルな視点を身につけ、自らの将来へのビジョンを持つためのセミナーです。

「今の自分に何ができて、何ができていないのか」、「グローバル社会で身につけなければならない力とは何か」を考え、「なりたい自分」になるために高校生活で何に取り組んでいくのかをグループワークで共有します。

543C9EDE-749D-4ED8-B706-EB9134E65272

 

クラスの枠を超えたグループワーク。

慣れない相手に緊張しつつも、高校3年間でのビジョンを発表しました。

自分の考えを伝え、相手の意見を受け取ることがコミュニケーションの基本ですね。

5B1D2AD0-3C76-4F96-BEA7-E7BC758493F6

ビジョンを持てたら、あとは行動です。

身につく力を実感しながら高校生活を送りましょう。

 

キックオフキャンプ1日目

 

1年生がキックオフキャンプで白樺湖に来ました。

41DE733A-8054-4A7B-9AEF-957BC49C1900DDD341F0-0FF1-4138-8F7F-0195D4EB8ADE

 

 

AグループはSDGsとICT、グローバルビジョンセミナー、Bグループはチームビルディングをしました。

これからの学習、自己実現に役立つ一歩でした。

45D3AF15-1AE3-4B54-A81D-E06190C5B786 IMG_0188

2日目も楽しみですね!

キックオフキャンプ日記①

2019年04月17日(水)

今日から1年生は2泊3日のキックオフキャンプです。白樺湖にある池の平ホテルをメイン会場に、様々なプログラムに臨んでいます。昨年から始まったこのキャンプの一番の目的は、「高校から大学までの学校生活、社会に出てからの仕事など、自らの人生そのものに対して≪主体的≫に取り組む考え方と方法を学ぶ」ことです。この目的を達成するために、普段の授業とは異なる視点で、4つのプログラムが組み込まれています。4つのプログラムとは、①グローバルビジョンセミナー、②SDGs研修、③ICT研修、④宗教研修です。今日は、②SDGs研修と③ICT研修を見学してきました。
SDGs(Sustainable Development Goals/持続的な開発目標)とは、国連が定めた2030年までに解決を目指す17項目の達成目標のことです。各国や国内企業がここ最近取り組みを進めている、地球規模での達成目標です。本校では、今年度の経営計画に挙げているものです。今日はSDGsの基本的な考えと基礎的な知識について学びました。実感としてSDGsを学ぶために、ゲーム形式のワークショップも行われました。自分たちのことだけを考えていては、全体が幸せになれないということを実を持って体験し、SDGsの目指す世界中の人たちの幸せに向けて、今、私たちが出来ることに目を向ける重要性を知ることが出来ました。今日学んだSDGsの基礎を土台に、今後より深く勉強していってくれることを願っています。
ICT研修では、iPadを使ってプレゼンテーションの基本と資料作成アプリのkeynote(キイノート)の基本操作を学びました。「習うより慣れろ」の言葉通り、今日学んだことをどんどん使っていくことこそが、技術の向上につながっていくことと思います。時代の急速な流れの中、ICTの活用スキルは現代社会においては必須事項となっています。ルールを守り、モラルを持って、iPadを活用してくれることを期待しています。
研修後の夕食では、バイキングスタイルの食事を思う存分満喫していました。明日も活気にあふれる取り組みを期待しています。

IMG_0152

IMG_0188

 

 

2学年G-CAT

59AABA94-3BE7-4767-86A3-AF5998693CE4

4月17日(水)

本日より3日間に渡り、2年生全員がGVS(春のグローバル・ビジョン・セミナー)及びSDGs(Sustainable Development Goals)のワークショップを含んだ講義を2クラスづつ合同で行っていきます。

新学年を迎えて初めてのG-CATプログラム、昨年の学びを基に2月に実施する計5か国6コースからの選択する探求型修学旅行に向けて・将来のビジョンに向けて再始動しました。

本日はSDGs講義について掲載します。

 

「SDGsってなんだろう?」からはじまった講義、日本での認知度は19%というデータがある中で、本校2年生は正確な説明は出来ないまでも聞いたことがある、G-CATの資料に・・・という意見もあがっていました。

C12AED9D-CB52-4A89-AAE3-0C6FE80DA203

SDGsについて理解し、自分ゴト化し行動へと繋ぐ、SDGsの視点を踏まえた行動が求められていること、理解してくれた様子でした。

 

 

GCAT始動!

2019年4月13日(土)

昨年から始まった新しい教育プログラム、GCAT(ジーキャット/Global Career Academic Task)の第1回目の授業が1年生を対象に行なわれました。GCATとは探求型研修旅行を中心に、グローバル人材の育成とキャリア教育を目的とする本校のオリジナルプログラムです。今日はその導入として、グローバル人材についてGCATチーフの成田教諭より説明をしていただきました。グローバル人材の定義には様々なものがありますが、①グローバルスタンダード(世界基準)の理解、②市場を同時に推進し、いち早く効果を出す、③地域に合わせた対応かつ現地の人々にも納得してもらえる説明力、の3点にしぼって説明をしてくれました。私たち日本人の奥ゆかしさや、他人の気持ちを慮る文化は素晴らしいと思います。その反面、他人の反応を気にするあまり、自分の本当の意見を言えないような場面も多々あります。そうした日本人よさを活かしつつ、人種や国籍の異なる人々とコミュニケーションを取っていくことこそが、グローバルな人材に求められる力なのではないでしょうか。来週17日(水)~19日(金)のキックオフキャンプでは、より深くこれらのことを学んでくれることでしょう。

IMG_4306

IMG_4314

 

新年度はじめての土曜講座

4ED92893-7687-47E9-88CD-E669B06256F7

4月13日(土)

1年生にとっては高校生活初めての土曜日授業。

来週2泊3日で長野県で行われるキックオフキャンプのオリエンテーションやi-padを使用しての学びが行われていました。高校生活がスタートしてはじめの一週間が経とうとしていますが、緊張で疲れを感じていながらも、教室では早くも和気あいあいと会話をしている様子も。徐々に学校生活にも馴染んでいるようすが、生徒の元気のよさからも伝わってきます。

5008C5F0-EDB8-4D80-8673-4D273A5666B8

71EF62CB-E244-499E-8A36-C21B2B4AA440

2年生は久しぶりの土曜講座、新年度初回ということもあり、英語の講座ではi-padの再設定をしましたが、それも驚くほど短時間で終了し早速学習にシフトすることができました。

また3年生は通常科目の授業、学年があがり受験生という意識も高まり朝早くから登校し自習室で勉強するすがたや、放課後の自習室で自分と向き合い黙々と学習を進めているすがたが見られます。

今週は気候の変化も激しい1週間になりました。来週は春らしいあたたかな週がはじまりそうです。入学・進級し緊張で疲れもたまっていることと思います。週末クラブ活動もあるかと思いますが、体調に気を付けて過ごしましょう。

 

早起きは三文の得

2019年4月11日(木)

毎朝、朝のお勤めを終えた後、校舎内を一廻りしています。各教室のドアを開けながら「おはよう!」と声を掛けると、気持ちのよい挨拶が返ってきます。登校時間よりも30分以上も早い時間にもかかわらず、各クラスで何名かの生徒がその時間に登校しています。いつも顔を合わせる同じメンバーのクラスもあれば、毎日少しずつ違うクラスもあります。「早起きは三文の得」のことわざにもあるように、朝早い時間帯は、校舎も爽やかで凜とした空気にあふれ、ちょっと得した気分になるものです。入学後間もない1年生に、さりげなく声を掛けながらコミュニケーションを取っていると、その生徒の学校での様子がなんとなく浮かび上がってきます。緊張しているのかな・・・、まだ友達ができないのかな・・・、少し落ち込んでいるのかな・・・。彼らのために、私が何かできる訳ではありませんが、毎日同じように、変わらずに声を掛けることで、少しでも安心感に繋がればと思っています。「みんなのことをちゃんと見ているよ。」そんなメッセージを伝えられるように、明日も元気よく「おはよう!」の声を掛けていきたいと思います。

季節はずれの雪にビックリしました!

2019年4月10日(水)

数日前の満開の桜が嘘のように、今日は冬を思わせる寒空になりました。そのうちチラホラと雪が降り出し、一時は本格的な降雪が心配されるほどになりました。幸い午後になって雪は弱くなり始めましたが、季節はずれの寒さに生徒たちも凍えていました。
今日は新入生オリエンテーションの2日目。各教科の学習法などについて、説明が行なわれました。そして、午後には新入生歓迎会が行なわれ、各クラブから熱の入ったアピールが行なわれました。各クラブ共に後輩の加入は、クラブの活気につながります。多くの1年生が自分のやりたいクラブに巡り合ってくれることを願っています。私自身は幼少期から何らかのスポーツに関ってきました。ベースとなっていたのは幼少期から続けていた水泳でしたが、高校時代は陸上部に所属し、インターハイ出場を目指していました。専門種目は800メートル。全国大会出場経験もある実力者の先輩を追い掛け回して、練習に励んでいたことを思い出します。残念ながら県大会入賞止まりで終わってしまいましたが、高校時代の青春の1ページであったことは確かです。その後、大学ではラグビーに挑戦し、今でも泳ぐことは私のライフワークになっています。身体を動かすことはストレス解消の最高の手段!こういう寒い日こそ、仕事帰りにプールに寄って行きたいと思います!